職務経歴書の書き方のススメ!

パート薬剤師 → パート薬剤師でも大切な職務経歴書

パート薬剤師でも大切な職務経歴書

転職の際に必ず必要になるものといったら、履歴書と職務経歴書ですね。以前は薬剤師のみならず、ほとんどの場合履歴書しか必要のないことが多かったですが、いまでは転職といえば履歴書と職務経歴書を提出しなければならない企業が増えています。
薬剤師パート求人

薬剤師は履歴書さえ送付すれば、面接もせずに即採用というケースもたくさんありましたが、現在はそういうわけにはいかないようです。履歴書に加えて職務経歴書を書かなければならない場合、どのように書けば採用に結びつきやすいのでしょうか。

ただ、これまでどのような職場でどのような業務に従事してきたかだけを書くのなら、誰にでもできます。そのような職務経歴書ならば、履歴書とたいして変わりはないのですから、採用する側には何のインパクトも与えないといえます。職務経歴書を書く最大のメリットは、書面で自分を最大限にアピールできるチャンスだということです。

では、採用する側が「是非この人を!」と思うような薬剤師の職務経歴書とはどのようなものでしょうか。いくつかポイントを挙げてお話していきましょう。

1、経験科目の記載
調剤薬局の中には募集要項に「働きながら学べます」と謳っているところがあります。 ですが採用する側になって考えてみると、即戦力になる経験者を採用したいのは当然のことです。経験科目を記載することで、自分がすぐに役に立てるということをアピールしましょう。

2、薬局でのポジションを記載
管理薬剤師や店舗責任者といった仕事の経験の有無が大切なポイントです。それらのポジションを経験している人は、コミニュケーション能力や仕事への責任感が優れていると判断できます。逆に長年の勤務年数にもかかわらずその経験がないということは、反対の場合があるということかもしれませんね。

3、門前薬局の規模(処方受付枚数や薬剤師の人数)を記載
受付枚数と薬剤師の数によってその薬局の規模がわかり、オペレーションの想像がつきます。 それにより、経験値の判断材料になるからです。

4、レセプトに関わった経験の有無の記載
薬に関する知識の勉強だけでなく、会社の経営内容や業績を把握できることをアピールするためです。会社の収入や支出を計算できることは、経営上大切なことです。

以上のような内容を職務経歴書に記載することが、転職の大きな味方になるでしょう。

薬剤師:本当にやめてしまうの?

どんな仕事でもそうですが、ふと、薬剤師辞めたいなぁ…と思ったことはありませんか?きっと、理由は誰もが感じていることではないかと思います。例えば、毎日同じことの繰り返し、ちょっとした人間関係、仕事に釣り合わないと感じる賃金、疲労によるストレス、もしかすると特に理由はないという場合もあるかもしれませんね。

またそれに加え、薬剤師で辞めたいと思っている友人達が言っていた事には次のようなこともありました。

・ 実は医学部を志望していたが、偏差値がそのレベルに届かず仕方なく薬学部に入学し薬剤師になるも、未だ医者になりたいとの気持ちが強い。
・ 薬剤師にはなったが仕事が面白いと思えないうえ、法律的にできることが限定的すぎる。
・ 医療界では医師の権力が強いので、薬剤師が取るに足りない存在にしか思えない。
・ 賃金が安いうえ、社会的評価が低い。
・ 自分は薬剤師に向いていない。
・ 近い将来、薬剤師が余りそうで不安。

薬剤師という仕事柄、偉そうにしている医者、その非常識さ、それなのに強い権力を持っている場合があることを目の当たりにするケースもあるでしょう。そのうえ、薬剤師の権限の低さや賃金の安さ、社会的立場の低さ、法律的に許された職務権限の低さに不満を持つ人も多いようです。

また、さしたる理由をみつけられないまま、薬学部を卒業して国家試験に合格したから薬剤師という職業に就いただけ…という話も少なからず聞きます。

しかし、どんな職業でも同じですが色々なジレンマを抱えながら、結局は薬剤師を辞めることができない人がほとんどだといえます。ですが、せっかく薬剤師という資格を持っているのですから、その資格を活かした転職を考えてみることも一つの手段ではないでしょうか。

例えば、病院勤務の薬剤師をしているのであれば、調剤薬局や薬品開発の研究所、介護関係など現在の職場以外で薬剤師の資格を活かすことも可能です。近年は、薬剤師が活躍できる職場の幅が広がっています。辞める前に、転職を考えてみては?

都心に比べて薬科大学、薬学部のない地方では、当然薬剤師を生み出すことができません。輩出されないのですから絶対数が不足するのは明白といえますね。

そこで地方の薬剤師の求人には高収入での募集という事態が発生しているのです。過疎といわれる地域の新規調剤薬局の求人では、年収1,000万円とか月給80万円など普通では考えられない条件が出ている場合もあります。

厳しい現実と向き合わなければならない地域医療の現場でしょうが、そこに生きがいをみつけようとか、収入を重視する人には考える価値があるのではないでしょうか。薬剤師転職・求人支援のサイトを賢く利用すれば、そのような求人に出会えるかもしれません。